乾燥肌対策の誤解
  • HOME >
  • 乾燥肌対策の誤解

乾燥肌対策の誤解

乾燥肌対策については、正しく理解しているつもりでも、実は勘違いしていることが結構あるものです。

  • 乾燥していると感じたら、まず化粧水をたっぷりつける。
  • 乾燥肌の人は、パウダーよりもリキッドファンデーションを選ぶと良い。
  • 乾燥した室内にいるときは、なるべく水をたくさん飲むようにする。

実は、このような対策はあまり効果的ではありません。その理由について解説していきたいと思います。


保湿は化粧水だけでは不十分
保湿は、ただ水分を与えるのではなく、水分を保つことがポイントになります。
保水力のあるセラミドなどの成分を与えて、肌の質を改善することが重要なのです。
しかし、化粧水には保湿成分があまり含まれていません。お肌が乾燥していると感じたら、 セラミドやヒアルロン酸が含まれている美容液やクリームを使ったほうが効果的でしょう。

リキッドファンデーションは刺激が強い
乾燥肌の方は、リキッドタイプのファンデーションを使っている方が多いはずです。
確かにパウダータイプのファンデーションは、水分を吸収する性質がありますが、 きちんと保湿ができていれば、リキッドタイプを使う必要はありません。
それよりも問題なのが、リキッドタイプのファンデーションがお肌に与える刺激です。
リキッドタイプには、防腐剤や界面活性剤が含まれているものが多く、肌への刺激も強くなりますので、 肌が乾燥して敏感になっているときは、パウダーファンデーションを使うのが安心です。

水を飲んでも肌の水分にはならない
「乾いた部屋では水を多く飲むと良い」という話がありますが、水を飲んでも直接肌の水分にはなりません。
肌が乾くのは、セラミドなどの保湿成分が減るからであって、体内の水が不足するからではないのです。
むしろ、水を飲みすぎると胃腸を壊したり、むくみを起こします。水分は、適度に摂取することが大切です。

大阪で乾燥肌にお悩みの方は、当サロンにご相談ください。トリートメントやリラクゼーションマッサージで、理想のお肌へ導くお手伝いをいたします。

ご予約・お問い合わせ

06-6578-7283

営業時間:9:30~19:30
最終受付:17:30
定休日:日曜、月曜、祝日

メールでお問い合わせ

Access

大きな地図で表示

〒550-0014
大阪市西区北堀江1-22-20
ファーストレディビル3F

電車でのアクセスは

地下鉄長堀緑地線
西大橋駅 2番出口 徒歩3分
市営地下鉄四ツ橋線
四ツ橋駅 6番出口 徒歩5分

ページトップ